よくある質問・解決事例

よくある質問

Q

相談したいけれど、入院中あるいは仕事が忙しいといった理由で、事務所まで行けないが対応してもらえますか?

A

入院中であれば、その病院まで訪れご相談に対応させていただきます。仕事が忙しい、むち打ちなどで事務所までの移動がつらいといったご相談者様の場合は、弁護士がご相談者様の自宅近くなどご都合のよい場所まで伺いますので、まずはお電話などでご連絡ください。

Q

母親が歩行中に自転車と衝突して足を骨折し、腰痛が続いています。自転車に乗られていた方は謝罪し、最初の治療費は払ってくれたのですが、母親にも不注意だった面があり、その後の治療費については対応してくれません。加害者の方は自転車保険に入られていないため直接交渉しているのですが、難しい状況です。いまさらですが、ご対応いただくことは可能ですか?

A

大丈夫です。事故状況などの詳しく調べる必要がありますので、まずはご相談ください。後遺症認定が必要な場合は、訴訟して裁判所から認定を受けることになります。お母様の今後の人生を考えても、弁護士に委任していただいた方が得策です。もちろん加害者の方の交渉はすべて弁護士がさせていただきます。

解決事例

第14級の頸椎捻挫(ムチウチ)の被害者の例

保険会社の提示額 80万円(後遺障害慰謝料 40万円)

弁護士が交渉し示談金 320万円(後遺障害慰謝料 110万円)【裁判基準】
…差額240万円のUP!

1年半前に原付バイクに乗っていて後ろから車にひっかけられ転倒し、左足骨折し、1年半通院後、足に後遺症が残った被害者の例

保険会社の提示額 500万円
  ↓
弁護士が交渉し示談金 2000万円(後遺障害等級12級の慰謝料+逸失利益を含む)
…差額1500万円のUP!